メニュー

ほくろ・粉瘤・いぼの手術

ほくろの除去ほくろは色素性母斑と呼ばれる良性の腫瘍です。大きさは様々で、色は褐色や黒色をしています。

ほくろが急に増えたり、炎症を起こして赤くなる、出血するなど変化があった場合は、悪性黒色腫の可能性があるので、早めに受診してください。

粉瘤は中に角質を入れた嚢腫構造を持つ良性の腫瘍です。コメドと言われる出口から悪臭を伴う内容物が出てきたり、炎症や感染を起こして赤く腫れたり膿んだりすることがあります。

いぼには年齢とともに出現する脂漏性角化症やウィルス感染に伴って出現する疣贅があります。ウィルス性疣贅ではまずは液体窒素による冷凍凝固術で治療することが多いですが、症例によっては手術でとる場合もございます。

当院では局所麻酔下で日帰り出術をすることが可能です。手術は事前予約制ですので、一度ご受診いただき、診察や術前検査(血液検査やエコーなど)をしていただいた上で、手術日の予約をお取りします。場所や大きさ、性状によっては当院で手術ができない場合もございますので、その際には責任をもって提携病院へご紹介させていただきます。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME