メニュー

アトピーの治療

アトピーの治療アトピー性皮膚炎はかゆみのある湿疹が良くなったり、悪くなったり慢性的に続く病気です。

乳幼児に多い疾患ですが、近年では成人やご高齢になってから、再度症状が悪くなる方も多くいらっしゃいます。

乳幼児の時のアトピー性皮膚炎をうまくコントロールできないと、その後の食物アレルギーや気管支喘息、アレルギー性鼻炎の発症のリスクが高くなると言われています。

アトピー性皮膚炎は「バリア機能低下」「炎症」「かゆみ」が密接に関係し合い、悪循環を形成すると言われています。

当院では上記をうまくコントロールするためにまずは主に以下の治療を行います。

バリア機能低下→保湿

炎症→ステロイドやタクロリムスなどの免疫抑制剤の外用

かゆみ→上記の外用剤に加えて抗ヒスタミン薬の内服

また、診断のために適宜血液検査を検討いたします。

さらに、ステロイドの外用やタクロリムスの外用などを6か月以上行っても難治であるアトピー性皮膚炎の場合にはデュピクセント®による治療も検討いたします。デュピクセント®について詳しくはこちらをご参照ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME