メニュー

乾癬・掌蹠膿疱症の治療

乾癬は遺伝的な要因と環境的な要因が関与することによって、免疫システムの異常がおこり、発症につながると考えられている全身性の炎症性疾患です。

治療は、軽症では、ステロイドやビタミンD3製剤の外用のみでコントロールできることもありますが、中等症以上では、上記の外用薬に加えて、オテズラ®やチガソン®といった内服薬を併用したり、難治部位へエキシマライトの照射をする必要があります。当院では、症状の重症度や患者さんの体質やご要望に合わせて治療法を選択いたします。

掌蹠膿疱症は手のひらや足の裏に膿をもった皮疹が繰り返しできる慢性の炎症性疾患です。

治療は乾癬と基本的には同様の治療を行います。

乾癬・掌蹠膿疱症のいずれも、上記の治療をしていても、症状が改善しないような重症な場合や関節症状を伴うようになった場合には生物学的製剤(注射)による治療についてご説明し、提携病院へご紹介させていただきます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME