メニュー

原発性腋窩多汗症(わき汗)の治療

原発性腋窩多汗症とは、汗の量が多くなる原因となる病気や障害がないのにもかかわらず、多量のわき汗に悩まされる疾患です。

シャツに汗染みができるなど、日常生活に支障をきたすほど多量の腋窩(わき)の汗が、明らかな原因がないまま6ヵ月以上みられ、以下の6症状のうち2項目以上あてはまる場合を「原発性腋窩多汗症」と診断しています。

〈原発性腋窩多汗症の診断基準〉
□ 最初に症状がでるのが25歳以下であること
□ 左右両方で同じように発汗がみられること
□ 睡眠中は発汗が止まっていること
□ 1週間に1回以上多汗の症状がでること
□ 家族にも同じ疾患の患者さんがいること
□ わき汗によって日常生活に支障をきたすこと

原発性腋窩多汗症と診断され、下記の重症度評価(HDSS)で3~4の方は重症と判断され、現在は保険適応となる外用薬で治療することが可能です。

〈原発性腋窩多汗症の重症度評価(HDSS)〉
❶ 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
❷ 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
❸ 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
❹ 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

ぜひ、わき汗でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME