メニュー

酒さについて

[2022.11.30]

酒さとは、「赤ら顔」とも呼ばれ、顔面に赤みやニキビに似たぶつぶつや膿が慢性的に出現し、ほてりやひりひり感を伴うことが多い疾患です。疾患認知度も徐々に上がってきており、最近は患者さんご自身が「私のこの症状は酒さですか?」とおっしゃって、初診されることも増えてきました。ロゼックスゲル®(メトロニダゾール)という外用薬が2022年5月酒さに保険適応となったことで、これまでよりも治療しやすくなりました。なかなか治らない「赤ら顔」でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。詳しくはこちらをご参照ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME